元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

農業委員会

産地直送 新鮮野菜・果物


農業委員会
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

  • 作者: 神山 安雄
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


農業委員会≫この先の記事を読む
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 05:52 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業「小麦」

パン、お菓子材料と世界のこだわり食品の店【プロフーズ】


農業「小麦」
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

農作物でお米の次に挙げられるのは、小麦だと思います。
小麦は世界でもっとも生産量の多い穀物です。
日本でもかなりの需要があります。
しかしながら、その昔日本政府が米作りを推奨して補助金などを手厚くしていました。
その関係もあり小麦作りは日本では盛んではありません。
日本でよく利用されるパンやスパゲティに使用される小麦は日本で作るには気候が適していないということもあります。
そのため現在日本の小麦はほぼ輸入に頼っています。
小麦は日本国内で唯一、価格統制があるものです。
価格統制とは政府が上限価格、下限価格を設定するものです。
日本のおもな小麦の輸入国先はアメリカ、カナダ、オーストラリアです。
海外から小麦を輸入して、日本国内の工場で小麦粉を作っているのです。
小麦粉はパンやうどん、中華麺、菓子、スパゲティなどの原料となります。

「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活

小麦の輸入には、輸入関税と納付金がかかります。
これは日本の生産農家を保護するためです。
輸入価格は天候などの影響による収穫量に左右されます。
ここ数年、小麦は不作でそのため価格が高騰し、小麦粉を使用して作られるパンや焼きそばなども価格上昇しています。
これらの要因は、収穫量だけではなく、世界的に小麦の需要が多くなっていること。
原油価格の高騰や2007年から日本政府の小麦売渡価格が値上げされていることも要因にあげられます。
日本の国産小麦は現在11%です。
自給率をUPして輸入に頼らなくても自立できる国になりたいものです。

パンと麺と日本人―小麦からの贈りもの

パンと麺と日本人―小麦からの贈りもの

  • 作者: 大塚 滋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本





posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 08:28 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業「米」

生協の宅配パルシステム


農業「米」

MIXA IMAGE LIBRARY Vol.215 お米とご飯

農業による生産物としてまず挙げられるのが「お米」です。
お米はどのようにして出来るのでしょうか。
お米作りは春から秋にかけて、田おこし・種洗い・種まき・田植え・稲刈りの順に作業が行われます。
田おこしとは、冬から春にかけて3回くらい田を起こすことです。
寒さで固まった土を耕し、お米作りにいい土台を作ります。
今はトラクターで行いますが、昔は人や馬、牛を使って行われていました。
種洗いは、3月?4月にかけて種もみを選び、4月中旬くらいから種を洗い種、もみをまきます。
苗を育てる田んぼのことを苗代と呼びます。
昔はこの苗代に種をまき、苗を育てていました。
今は温かいビニールハウスの中で種まきをして苗を育てます。

4月〜5月温かくなったらいよいよ田植えです。
種まき後、約1ヶ月で田植えができます。
育てた苗を田んぼに植えます。
今は田植機で植えることができますが、昔は近所総動員で人の手だけで田植えをしていました。

田植え後は、雑草取りや水の管理、肥料やり、害虫や台風などから稲を守るなど多くの仕事があります。
雑草は、昔は人の手ひとつひとつ取られていました。
その後一時期は農薬なども使用されていました。
しかし今では、農薬を使わずにできる「アイガモ農法」が注目されています。
アイガモを田んぼの水で飼うと田んぼの土をかきまわし、雑草や虫を食べてくれるのです。
okome.jpg
10月頃実った稲をいよいよ刈る時期です。
天気と相談して稲刈りの時期を決めます。
今ではコンバインで稲刈りから脱穀までできます。
昔は、稲刈りは人の手で、鎌でかり脱穀機で脱穀していました。

収穫後、稲はすぐに乾燥機にかけます。
乾燥後、籾取りをして玄米の状態で袋に入れて保存します。
今では乾燥、籾取り、袋詰めまで全て機械がします。
当然昔は全て人の手で行われていました。

このようにして、おいしいお米ができるのです。



posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 20:32 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着色料について

長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

食品添加物
着色料
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

食品添加物は、基本的には食品をよく見せるためのものが多いとされています。
その代表格が着色料です。

商品として売れるかどうかというのは、見かけによるところが非常に大きいです。
もっとも顕著な例としては、野菜や果物といった農作物が挙げられるでしょう。
例えば、メロンを例に挙げます。

【夕張名産センター】★送料無料★夕張メロン ご家庭用(4〜7玉)8.0kg箱

メロンは非常に高価なものもあれば、安価で手に入るものもあります。
一般的に高級と言われるメロンは、夕張メロンではないでしょうか。
夕張の印象はここ数年あまりよくなく、経済が破綻した町というイメージが色濃いのですが、夕張メロンに関しては、まだそのブランド力は健在です。
なぜかといえば、その味の良さにつきるでしょう。

ただ、そんな夕張メロンであっても、表面に傷がついていたり、形が少しおかしかったりすると、途端に買い手がつかなくなります。
たとえ中身に何の影響もない小さな傷でもです。
消費者は、数多く並ぶフルーツや野菜を見るとき、まず外見を見ます。
そして、外見が綺麗なものを買う傾向にあります。
傷は中身にまったく影響のないものであっても、消費者には致命的なものにみえてしまうのです。
腐っていたりおいしくなかったりするのでは、というイメージもありますし、同じ値段を出すのに傷物を買うのは損した気分になる、という感情もあるのでしょう。
そういった面を考えた場合、外見というのはとても大事です。

その為、着色料は非常に重要な役目を担います。
たとえそれが食品の安全にあまりいい影響を与えないとしても、消費者は食品の安全より、外見を取るでしょう。
しかし、食品の安全が重要視されてきた今は、必ずしもそうとは限りません。

[北海道]夕張メロンゼリー

[北海道]夕張メロンゼリー

  • 出版社/メーカー: 株式会社北海道エスケ−プロダク
  • メディア: その他






posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 15:12 | Comment(0) | ・着色料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食品の安全「帰農に帰ろう日本の食」

食品の安全「食物自給率40パーセント以下」

“食の安全”はどこまで信用できるのか―現場から見た品質管理の真実 (アスキー新書 053)

“食の安全”はどこまで信用できるのか―現場から見た品質管理の真実 (アスキー新書 053)

  • 作者: 河岸 宏和
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2008/03/10
  • メディア: 新書



ここ数年、中国産の食品に農薬などの混入があるとされている事件が多発しています。
また、多くの食品偽装も発覚し大きな社会問題になっています。
こういった状況もあって、日本における食の安全神話は崩壊したと言わざるおえません。
現在、日本の主要食物自給率は現在40パーセントを切る状態です。
これは他の主要先進国と比較し、圧倒的に低い数字です。
つまり、日本の食卓は海外からの輸入に頼っている状況です。
にもかかわらず、輸入品のほとんどがノーチェックで国内に入ってきています。
つまり、食品の安全を考えるには海外からの輸入品をしっかり監視、管理しなくてはならない状況であるにもかかわらず、それを全く行っていないというのが現状なのです。
食品の安全が守られていないというのは、こういったところに現れているのです。
海外からの輸入品に対して、国内ではあまりにも無頓着であるといわざるを得ません。
食品の安全≫続きはこちら


農業「日本の農業が抱える高齢化問題」

農業が日本を救う

農業が日本を救う

  • 作者: 財部 誠一
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/11/22
  • メディア: 単行本


農業とは、農地として土地を持ち、作物や植物を栽培し収穫そして出荷することです。
また家畜を育て乳製品や皮や肉を得て食料などを生産する産業です。
人が生きていくうえで必要な食を生産する、人の根本の衣食住に密接に関係する産業なのです。
農業を営む人を農民、その家を農家と呼びます。
現代の日本の農業が抱える問題として、農業者の高齢化問題が深刻です。若者が農業をつがずに、田舎から都心へ出て行ってしまうので後継者がいないのです。
いまや自給率が低くなる一方で、安い輸入加工品に頼る日本の食卓事情。自給自足で自立できる国づくりが望まれます。
日本の農業≫続きはこちら

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 14:51 | Comment(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸化防止剤について

農家さんのおすそわけ 静岡産直農作物 ゆめさきダイレクト  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

食品添加物【酸化防止剤】
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

  • 作者: 安部 司
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本


食品の敵として、酸化という現象があります。
よく酸化=腐るという印象を持っている方がおられるかもしれませんが、そうとは限りません。
また、酸化防止剤と保存料を同じものと考えている方も結構いるようですが、両者は確実に違います。

保存料は、食品を長持ちさせるためのもので、腐るのを防ぐ効果があります。
一方の酸化防止剤は、酸化を防止し、酸が浮いてこないようにする働きがあるのです。
よくセットで扱われるこの両者には、明確な目的の差があります。

酸化防止剤は、どちらかというと外見を整えるための添加物です。
酸が浮くことで、見かけが非常に悪くなる事があり、それによって消費者が腐っている、劣化している、あるいは不良品なのではないかと判断するのを防ぐためです。
酸化する事で起こる現象としては、主に変色や風味の変化です。
これらを見た場合、やはり消費者にはあまり良い印象を与えないのが実情でしょう。
しかし、最近では食品の安全を考慮し、酸化防止剤をあえて使用しない食品も増えています。
その場合、注意書きに「色が変わる場合がありますが、内容にはまったく影響がありませんので安心してお召し上がりください」といった旨の表記がなされることが多いですね。
こういった表記を見たら、酸化防止剤が使われていない食品と判断していいかと思います。
この酸化防止剤は、エリソルビン酸ナトリウムや亜硫酸ナトリウムなどのように、あまり体によくないとされる化学合成物質が含まれる一方、ビタミンCやビタミンEを使用しているケースもあります。
つまり、必ずしも体に悪いものばかりとは限らないということです。
食品の安全という面では、長所にも短所にもなると言えます。
食品の安全をしっかり考えるならば、この酸化防止剤について注意深く調べておきましょう。


有機・無農薬でおいしい野菜作り12ヵ月―はじめてでも簡単に収穫できる104種 (SEIBIDO MOOK)

有機・無農薬でおいしい野菜作り12ヵ月―はじめてでも簡単に収穫できる104種 (SEIBIDO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2008/02/22
  • メディア: 単行本




posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 15:12 | Comment(0) | ・酸化防止剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食品添加物「香料」について

Hemp Kitchen - ヘンプキッチン -   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

食品添加物「香料」
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

よくわかる暮らしのなかの食品添加物

よくわかる暮らしのなかの食品添加物

  • 作者: 谷村 顕雄
  • 出版社/メーカー: 光生館
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本


食品に対し、香りをつけることで食欲を増大させる働きを持つ、香料。
一部味を付けることもあり、添加物としてはよく使用される機会が多いようです。
多くの食品は、たとえ原材料に限りなく近い物であっても、この香料だけは使用しているというケースが目立ちます。
それくらい香料は食品において重要な添加物と言えるのでしょう。

そんな香料ですが、果たして他の合成添加物同様、食品の安全上よろしくないのでしょうか。
結論から言えば、香料にも天然と合成があり、合成添加物の場合はあまり体によくない材料を使っています。
石油から得られるアセチレン、あるいはエチレンなどがそうですね。
脂肪酸なども用いる機会が多いようです。
こういったものは、体にとっていきなり極端な害を及ぼすことはないかもしれませんが、積もり積もった場合はどうなるか保障はできません。
食品の安全を第一に考えるなら、あまり使用してほしくないものと言えます。

では、一方の天然香料はいかがでしょうか。
基本的に、天然香料は植物油を使用するケースがほとんどです。
ただ、この天然香料にはやや製造過程における、製作サイドに対しての欠点が多いとされています。
例えば、植物の収穫時期は限られているので、需要の変化に対しての対応が難しい、気候によって生産量、質が変動する、基本的に高価である・・・といった点などです。
こういった欠点があるので、商品価値としてみると、コスト面での不安は拭えず、積極的に使用するという姿勢はあまり見られません。
高級志向の食品以外には、あまり使われていないのが現状です。
食品の安全を重視している今でも、その流れは変わりそうにないですね。



posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 12:56 | Comment(0) | ・香料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。