『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

中国製品の動向 2002〜2007年

中国製の食品で、日本国内に住んでいる日本人が被害にあった例は、2002年以降徐々に増えてきます。
まず、2002年には、中国産の冷凍ホウレンソウおよび枝豆から基準値を超える残留農薬が検出されました。
翌2003年には、中国産のうなぎ加工品から、合成抗菌剤が検出されました。

これらの事件に関しては、当時日本全体でまだ食品の安全に対する意識が今ほど高まっておらず、国内での事件もそれほど取り沙汰されていなかった為、大きな話題になる事はありませんでした。
しかし2004年、一つの転機ともいえる事件が発生します。
中国国内で発覚した、粉ミルク偽装事件です。

これは、粉ミルクとして発売されていた物において、実は通常含んでいなければならないたんぱく質の半分?10%しか含んでいない物だったということが発覚した事件です。
この偽粉ミルクを飲んでいた幼児が栄養失調を引き起こした事で発覚しました。
この事件は日本でも報道され、中国の食品の安全に関する意識の低さを印象付ける事になります。
2004年には、更に毒入りの春雨、農薬に汚染された漬物などの報道がなされていました。

2005年〜2007年にも中国で度々偽装や中毒といった食品の安全を脅かす問題が発覚していましたが、まだ日本国内においての中国産の食品での被害という物は取り上げられていませんでした。
日本において、中国産の食品に対して大きな不安が生まれたのは、2008年に入ってからです。

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | ・中国製品の動向2002〜2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。