『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

天然添加物と合成添加物

食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食
天然添加物と合成添加物

食品の安全を害するものとして、よく食品添加物が挙げられています。
しかし実際には、この食品添加物にも色々種類があります。
その種類によって、実際に体にあまりよくないものもあれば、食品の安全を害することのないものもあります。
その種類を大きく分けると、天然添加物と合成添加物の二つに分けられます。

天然添加物というのは、天然物、すなわち自然界にあるものを原料とし、これらをそのまま、または分解して抽出という形で使用しているものです。
一方、合成添加物というのは、化学的な手段を用いて作成した添加物のことです。
原材料が天然物であっても、科学的な方法を用いて作った添加物であれば、それは合成添加物ということになります。

この二つは、あくまでも概念的なもので、法律において区別されることはありません。
天然添加剤という言葉が法律上存在しているわけでもないので、天然添加剤だから法律的に許される、などのケースは存在しないことになります。

ただ、この二つの差は歴然としています。
天然添加物の場合、基本的には体に害があるというケースはありません。
昔であればいざ知らず、現在においては天然記念物をあえて使用するのは、体に影響がないからです。
合成添加物と比較すると、コストの面でも効果の面でも期待があまりできないのが天然添加物と言われています。

一方の合成添加物は、コスト削減と効果増大を目的として生まれたものです。
たとえば着色料などは顕著です。
天然添加物としての着色料は、体にはなんら悪影響はありませんが、コストがかさみ、色もあまり濃くありません。
一方の合成添加物は、非常にはっきりした色、薄い色など、ニーズに合わせて調整ができます。
コストもかさみません。
しかし、体にはよくないとされています。
食品の安全という面では、あまりお勧めできないものです。


posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ・天然添加物と合成添加物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。