『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

食品添加物の定義

食品の安全を考える上で、食品添加物は欠かせないものと言えます。
その食品の安全の基本となる食品添加物ですが、実際にはどういった定義がなされているのでしょう。
例えば、しょうゆやソースといった調味料は、食品添加物に入るのでしょうか。
また、食品と食品添加物の境目というのはどこにあるのでしょう。

まず、しょうゆ、ソース、塩などといった調味料ですが、基本的には食品添加物ではなく食品に含まれます。
塩や砂糖は食品加工物にほとんど必ずと言って良いほど使用され、その目的は食品添加物の「味を調える」という点に該当するのですが、食品として扱われるようです。

これを踏まえたうえで、食品と食品加工物の違いを見てみましょう。
食品は、それ自体をそのまま飲み食いできる物、あるいは加工や調理をすることで飲食が可能となるもの、という定義があります。
つまり、生肉や絞りたての牛乳なども、食品に入ります。
ハンバーグやチーズといった加工されたものも食品です。
一方、着色料や保存料のようなものは直接食べることもないし、これらを加工して食品とすることもないので、食品添加物に入ります。

では、砂糖や塩、しょうゆなどの調味料はどうでしょう。
直接食べたり飲んだりとできないことはありません。
しかし、実際にそれが目的で購入する人もあまりいないでしょう。
これらのものを加工して食品にするというのも、定義上微妙です。
加工するために使用する側と言えます。
そう考えると、食品よりは食品添加物に近いような気もしますが、実際には食品として扱われます。
角砂糖などであればまだわかるのですが・・・

とにかく、食品の安全を脅かす食品添加物は、調味料は一切含まれないということですね。

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | ・食品添加物の定義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。