『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

保存料について

食品の安全を考える上で、どうしても食品添加物に関しては懐疑の目が向けられます。
実際、あまり体によくないと呼ばれているものが多々使用されているからです。
その最たる例のひとつが、保存料ではないでしょうか。

保存料は、食品添加物の代表的なもののひとつです。
用途はいうまでもなく、保存期間を長くするためです。
通常、食品の多くは数日でその賞味期限、消費期限を過ぎてしまいます。
中にはその日のうちに食べないと、腐ってしまうというものもあるでしょう。
しかしそういった商品ばかりでは売り物にならないというのが現状です。
一日で完売すれば良いのでしょうが、そうもいきません。
また、買い手としても、その日のうち、あるいは数日の間に食べないといけないものばかりでは、なかなか買い物がしにくいと言えるでしょう。
最低でも数日、あるいは数週間は持たせないと、商売として成り立たないということになります。

そこで、保存料の出番です。
保存料は、ほとんどが自然界に存在していない、科学的な方法で作られたものです。
つまり、合成添加物ということになります。
それらの材料となるものの例としては・・・亜硝酸ナトリウム、亜塩素酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、過酸化水素水、硝酸カリウムなどです。
ほかにも山ほどあります。
学校の化学の授業で習ったようなものばかりですね。
はっきり言って、体に良いとはとても思えないようなものばかりです。
こういった名前を見ると、保存料としか記していない原材料名が詐欺のように思えてしまいます。

とはいえ、基本的には過剰な使い方さえされていなければ、食品の安全に大きな影響は与えません。
法律でもその基準値は設けられています。
問題なのは、その基準値が本当に守られているかということです。
偽装問題がどんどん明るみになっている今、必ずしも信用できるとはいえないというのが現状です。
食品の安全を考える上では、保存料そのものより、その作成過程や量が問題と言えます。


posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | ・保存料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。