『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

着色料について

長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

食品添加物
着色料
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

食品添加物は、基本的には食品をよく見せるためのものが多いとされています。
その代表格が着色料です。

商品として売れるかどうかというのは、見かけによるところが非常に大きいです。
もっとも顕著な例としては、野菜や果物といった農作物が挙げられるでしょう。
例えば、メロンを例に挙げます。

【夕張名産センター】★送料無料★夕張メロン ご家庭用(4〜7玉)8.0kg箱

メロンは非常に高価なものもあれば、安価で手に入るものもあります。
一般的に高級と言われるメロンは、夕張メロンではないでしょうか。
夕張の印象はここ数年あまりよくなく、経済が破綻した町というイメージが色濃いのですが、夕張メロンに関しては、まだそのブランド力は健在です。
なぜかといえば、その味の良さにつきるでしょう。

ただ、そんな夕張メロンであっても、表面に傷がついていたり、形が少しおかしかったりすると、途端に買い手がつかなくなります。
たとえ中身に何の影響もない小さな傷でもです。
消費者は、数多く並ぶフルーツや野菜を見るとき、まず外見を見ます。
そして、外見が綺麗なものを買う傾向にあります。
傷は中身にまったく影響のないものであっても、消費者には致命的なものにみえてしまうのです。
腐っていたりおいしくなかったりするのでは、というイメージもありますし、同じ値段を出すのに傷物を買うのは損した気分になる、という感情もあるのでしょう。
そういった面を考えた場合、外見というのはとても大事です。

その為、着色料は非常に重要な役目を担います。
たとえそれが食品の安全にあまりいい影響を与えないとしても、消費者は食品の安全より、外見を取るでしょう。
しかし、食品の安全が重要視されてきた今は、必ずしもそうとは限りません。

[北海道]夕張メロンゼリー

[北海道]夕張メロンゼリー

  • 出版社/メーカー: 株式会社北海道エスケ−プロダク
  • メディア: その他






posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 15:12 | Comment(0) | ・着色料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。