『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

食品偽装の根本に迫る


  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

食品偽装の根源「安いもの」
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

食品偽装 -起こさないためのケーススタディ-

食品偽装 -起こさないためのケーススタディ-

  • 作者: 新井 ゆたか
  • 出版社/メーカー: ぎょうせい
  • 発売日: 2008/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ここ数年、食品のあらゆるものに対して、食品偽装という悪質な方法によって隠蔽を行っていた事実が明るみになっています。
食品の安全の崩壊は、この食品偽装が何よりも表しています。
偽装された食品の安全など、ないに等しいのですから。
この食品偽装というのは、なぜ起きてしまうのでしょう。
答えはいくつか存在しているかと思います。

食品偽装の理由の一つが、まず、食品製造会社にとって、一番重要なのは、他の会社との競争に勝ち抜くことです。
食品は、すべての人間にとって例外なく必要なもの。
調理したものか素材かの違いはありますが、食品を購入しない家庭はまずないでしょう。
つまり、食品とは決して需要が途切れることのないものと言えます。
それが何を意味するかというと、会社が一方的に独占的な商売はできない、ということです。
そして同時に、多種にわたるライバル関係が生まれるともいえます。
例えば、スーパーの食品売り場と、お弁当屋さんと、ファミリーレストラン。
これらは直接的な対立関係が生まれるというわけではないものの、食品を提供するという点で一致している以上、競争原理が生まれてしまいます。
簡単に言えば、食品需要の争奪戦ということになるのです。
この争奪戦に勝つには、どうすれば良いのでしょう。
答えは簡単です。
ニーズに答えられる商品を出す。
これに尽きます。
では、ニーズとはどのようなものなのでしょう。
一般家庭のニーズは、基本的には一致しています。
安いものです。
味よりも何よりも、コストを重要視する家庭が一番多いのです。
この「安い食品」を求める消費者が圧倒的に多いということが、食品の安全を無視した偽装の根源があると言っていいでしょう。

明るい食品偽装入門

明るい食品偽装入門

  • 作者: 魚柄 仁之助
  • 出版社/メーカー: サンガ
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本





posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 12:12 | Comment(0) | 食品偽装の根本に迫る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。