『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

消費期限、賞味期限の偽装問題

長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

消費期限、賞味期限の偽装問題
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

“食の安全”はどこまで信用できるのか―現場から見た品質管理の真実 (アスキー新書 053)

“食の安全”はどこまで信用できるのか―現場から見た品質管理の真実 (アスキー新書 053)

  • 作者: 河岸 宏和
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2008/03/10
  • メディア: 新書



食品の安全を脅かす偽装問題で最も多いケースと言えば、消費期限、賞味期限の偽装です。
赤福も、不二家も、白い恋人も、ダスキンも、この食品偽装によって事件を起こし、ニュースをにぎわせてしまいました。

消費期限の改ざんは、コストの削減というただ一点に尽きます。
そして同時に、消費期限の改ざんに関しては、小売店レベルでも頻繁に行われています。
消費期限が過ぎてしまった売れ残りの商品、あるいは需要が足りずにそのまま放置された食材に対して、さも切れていないかのように売るというのは、まったく珍しいことではないようです。
一番多いのは、ある程度保存の利く食材の消費期限を偽り、加工して売るというもの。
消費期限はある程度余裕を持って設定されているので、多少オーバーしても問題ないだろうという安直な見方で行うパターンが多いようです。

次に、一度店舗に出した商品が賞味期限切れとなり、それを再び加工して売るというケース。
例えば、魚を売り場に並べたが、賞味期限の日にも売れなかった場合、それを煮物にして消費期限を引き延ばし、惣菜売り場に並べる。
あるいは揚げ物にして並べる。
こういった食品の安全を脅かす例は各地域で普通に見受けられるでしょう。
更には、明らかに期限が切れた商品を一度回収し、表示だけを変えて再出荷する。
このような偽装は、恐らく当たり前のように行われているのでしょう。

これには、消費期限の設定に対して疑心暗鬼となっているといういいわけも通用します。
消費期限が早すぎる物に対しての抵抗という意味合いでこのようなことをしたというメーカーもありました。
そういった事実があるにせよ、偽装などは論外なのですが、消費期限の設定に関しては、もう少しオープンにすべきかと思います。
食品の安全の大きな問題の一つとして、消費期限というものがどのように決まっているか、一般にはわかりづらいという点も確かにあります。
是非明るみにしてほしいものです。

賞味期限がわかる本―冷蔵庫の中の「まだ食べられる?」を完全解決!

賞味期限がわかる本―冷蔵庫の中の「まだ食べられる?」を完全解決!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/10/13
  • メディア: 単行本





posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 17:46 | Comment(0) | 消費期限・賞味期限切れ偽装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。