『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

食品の安全が崩壊した現代の日本

品の安全 帰農に帰ろう日本の食
食品の安全が崩壊した現代日本

ここ数年、中国産の食品に農薬などの混入があるとされている事件が多発しています。
こういった状況もあって、日本における食の安全神話は崩壊したと言われています。

日本の主要食品自給率は他の主要国と比較し、圧倒的に低いです。
つまり、海外からの輸入に頼っている状況です。
にもかかわらず、輸入品のほとんどがノーチェックで国内に入ってきています。
つまり、食品の安全を考えるには海外からの輸入品をしっかり監視、管理しなくてはならない状況であるにもかかわらず、それを全く行っていないというのが現状なのです。
食品の安全が守られていないというのは、こういったところに現れているのです。
海外からの輸入品に対して、国内ではあまりにも無頓着であるといわざるを得ません。

そして、その流れは徐々に国内生産品に対しても侵食していきます。
ここ数年で、生産地の偽装問題が急増している事は、ニュースを見ている方であればご存知ではないかと思います。

国産と偽り海外の安い食材を用いているという偽装が、様々な分野で行われているのです。
特に、牛肉や鰻などの高級品に関しては、こういった偽装が多いようです。
嘆かわしい事ですが、これが現実といわざるを得ません。

食品の安全に対し、日本はあまりにも無警戒過ぎました。
それが、現在の安全崩壊を生み出したといえます。

今後は、そういった点を見直す方向で政策がとられるようですが、あまり積極的とは言いがたい状況です。
経済自体が危機を迎えている現状においては、なかなか重点的に、とはいかないようですね。
しかし、食品の安全は、最も優先して確保すべき最大のテーマなのです。




posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 11:05 | Comment(0) | 食品の安全が崩壊した現代日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。