『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

日本における食品の安全に関する歴史

食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食
日本における食品の安全に関する歴史

農村風景.jpg
高度成長期にはいろいろな食品の被害を多かった。特に河川や近海の汚染はひどく、今の中国と同じく環境の軽視した政策が原因。

日本において、位置情報食品の安全とは、いつしかあって当然という物になってきていました。
しかし実際には、定期的に食品の安全を疑問視してしまうような問題、事件も起こっていたりします。
たびたび訪れるその問題も、時間と共に風化してきていたのが現状です。
ですが、ようやくここに来て食品の安全について考えるという流れができつつあります。
この時代の流れを消さないためにも、一人一人が食品の安全を脅かした歴史について学ぶ必要があるでしょう。
ここでは、そんな事件の数々についていくつか紹介していきたいと思います。

まず、食品の安全について国内で大々的な問題として取り上げられたのは、1945年に発生したイタイイタイ病です。
これは、富山県の神通川において、三井金属神岡工業所が金属廃液を排出し、その中の成分に人身に有害となるカドミウムが含まれていた事に起因します。
カドミウムを含んだ川の水は下流域にある田畑まで届き、その田畑で作られていた作物、あるいは飲み水を体内に取り込んだ人たちが、骨をゆがませてしまったり、ひびが入ったりするなどの被害に見舞われたのです。
当初は奇病、あるいは原因不明の難病という話も出ていましたが、調査の結果、イタイイタイ病という認定がなされました。
このイタイイタイ病によって、食品の安全の重要性が説かれるようになったかというと、まだそこまでの認識は当時行われていなかったようで、後に同じような意見が勃発していきます。


知床特集、あなたの知らない自然の魅力の真実を探る!




posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 11:47 | Comment(0) | 海外の食品の安全に関する歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。