『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

食品の安全「帰農に帰ろう日本の食」

食品の安全「食物自給率40パーセント以下」

“食の安全”はどこまで信用できるのか―現場から見た品質管理の真実 (アスキー新書 053)

“食の安全”はどこまで信用できるのか―現場から見た品質管理の真実 (アスキー新書 053)

  • 作者: 河岸 宏和
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2008/03/10
  • メディア: 新書



ここ数年、中国産の食品に農薬などの混入があるとされている事件が多発しています。
また、多くの食品偽装も発覚し大きな社会問題になっています。
こういった状況もあって、日本における食の安全神話は崩壊したと言わざるおえません。
現在、日本の主要食物自給率は現在40パーセントを切る状態です。
これは他の主要先進国と比較し、圧倒的に低い数字です。
つまり、日本の食卓は海外からの輸入に頼っている状況です。
にもかかわらず、輸入品のほとんどがノーチェックで国内に入ってきています。
つまり、食品の安全を考えるには海外からの輸入品をしっかり監視、管理しなくてはならない状況であるにもかかわらず、それを全く行っていないというのが現状なのです。
食品の安全が守られていないというのは、こういったところに現れているのです。
海外からの輸入品に対して、国内ではあまりにも無頓着であるといわざるを得ません。
食品の安全≫続きはこちら


農業「日本の農業が抱える高齢化問題」

農業が日本を救う

農業が日本を救う

  • 作者: 財部 誠一
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/11/22
  • メディア: 単行本


農業とは、農地として土地を持ち、作物や植物を栽培し収穫そして出荷することです。
また家畜を育て乳製品や皮や肉を得て食料などを生産する産業です。
人が生きていくうえで必要な食を生産する、人の根本の衣食住に密接に関係する産業なのです。
農業を営む人を農民、その家を農家と呼びます。
現代の日本の農業が抱える問題として、農業者の高齢化問題が深刻です。若者が農業をつがずに、田舎から都心へ出て行ってしまうので後継者がいないのです。
いまや自給率が低くなる一方で、安い輸入加工品に頼る日本の食卓事情。自給自足で自立できる国づくりが望まれます。
日本の農業≫続きはこちら

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 14:51 | Comment(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。