『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

農業委員会

産地直送 新鮮野菜・果物


農業委員会
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

  • 作者: 神山 安雄
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 「農業委員会」とは市町村に置かれる行政の委員会です。
各市町村に1つずつ置く事が原則となっています。
行政に農民の意見を反映させるために設置されています。
農業委員は公職選挙法に準用した農業者の選挙で選出された人です。
農業委員会に関する法律や地方自治体に基づいて行動します。
自作農の維持、農地利用調整、農地に関する事務などを行っている。

上位組織として、都道府県農業会議、全国農業会議所があります。
農業委員会とあわせてこの3つで「農業委員会系統組織」を構成しています。
系統組織を通じて、農業者や地元の声を集約し、農地・構造・経営対策を積極的に進めます。
そして農業の発展、さらには社会経済の発展を目指しています。
農業委員会の業務としては、農地の権利移動の許認可、農地転用業務、農地関係の資金や税制。
また農業者の年金に関してまでも専属的な権限として行うものです。
また農業の発展のために農業者の育成なども行っています。
農業者の代表として行政に建議したり、地域の農業者に関係する情報を公開したりするのも大事な役割です。
農業委員会は、農地転用などの農地の無秩序な開発を抑制しています。
原則、農地は農家要件を満たさないと所有権移転できません。
簡単に農地を宅地などへ地目変更することは許されないのです。
日本の大事な食糧を作っている農地を守るために、農業委員会が許可してくれないのです。
農業委員会はこのようにして、農地に関する全ての業務を行っているのです。

農業に転職する―失敗しない体験的「実践マニュアル」

農業に転職する―失敗しない体験的「実践マニュアル」

  • 作者: 有坪 民雄
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本





posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 05:52 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。