『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

農業「大豆」

長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

農業「大豆」
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

大豆.jpeg 大豆は日本の食生活になくてはならない食材です。
豆腐、味噌、醤油、納豆、煮豆など古くから親しまれてきました。
国内産大豆を守ろうと、国は「大豆交付金」として助成金をも出しています。
助成金は良品質大豆の生産拡大を目的として、事前に定められた銘柄共通の一定単価による助成となっています。

大豆の国内自給率は、食品用に限れば22%です。
その他の主な輸入先は、アメリカ、ブラジル、カナダ、中国です。
豆腐用として使われるのは、主にアメリカの大豆です。
大豆はたんぱく質、炭水化物、脂質、水分、ビタミン等を多く含みます。
国産大豆と外国産大豆の成分の違いは、国産大豆はたんぱく質が多いです。
外国産大豆は脂質の含有量が多いことです。
国産大豆の主要品種は、フクユタカ、エンレイ、タチナガハ、リュウホウ、スズユタカなどです。
これらの品種は豆腐や煮豆用として利用されるものです。
日本国内での大豆生産県は、北海道、宮城、秋田、福岡、佐賀、栃木、茨城などです。
大豆の生産は全国27道県に渡って行われています。
大豆生産に積極的に力を入れているところほど、農家の生産意欲があり技術もあるので単収を多く得られます。
しかしながら大豆の単収は低く、豊作と凶作の変動が激しいことから安定した収入を得ることは難しいです。
また大豆生産は機械化が進んでいないため、かなりの重労働です。
そのため政府は生産者の労働意欲が高まるように、交付金制度を導入しているのです。
そしてこれからの大豆の安定供給のために、生産者の育成、機械化による生産性の向上、品質向上などを目指しています。

大豆は世界を救う―最新研究で実証! 健康・長寿・パワーの鍵は大豆にあった

大豆は世界を救う―最新研究で実証! 健康・長寿・パワーの鍵は大豆にあった

  • 作者: 家森 幸男
  • 出版社/メーカー: 法研
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 単行本





posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 10:17 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。