『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

地産地消




農業
地産地消
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

地産地消とは、地域生産地域消化の略称です。
地域で収穫した農産物をその地域で消化するという意味です。
一般的には同じ県内で生産されたものを地産地消としています。

活動としては、一般の人が農産物を購入できるように地場農産物を提供する直売所の設置を行います。
最近の例としては道の駅などに農産物直売所などを多く設置しています。
デパートやスーパーなどで、地場農産物コーナーの設置をして販売もしています。
また近頃では地場農産物を活用した学校給食が提供されるようになりました。
消費者や生産者と試食会などをして意見交換会などをすることも大切な活動です。

地産地消のメリットとしては、身近でとれた新鮮なものをおいしいうちに食べることができることです。
直接生産者から話を聞くこともできるし、顔もみられるので食材への安心感もあります。
逆に生産者からすると、消費者のニーズがわかるため何を作ればいいのかわかります。
それは生産者の労働意欲へもつながります。
業者に出荷するような大量の食材でなくても、少しの数から販売できることもメリットです。
また輸送コストがかからず、さらにCO2排出もしないため環境にもやさしいです。
流通過程が短いため、産地偽装がされにくいことです。

地産地消のデメリットとしては、地元で生産できるものには限りがあるということです。
地域の気候によって栽培できるものとできないものがあるからです。
安定供給を続けることができるのかも問題のひとつであると思います。
また売れ残りをどう処分するのか、品質の管理は誰がチェックしていくのか。
など管理上の問題点もあります。

しかしながら、地産地消が地域の連帯感を強め、地場産業の活性化につながることは間違いありません。

週2日だけ働いて 農業で1000万円稼ぐ法

週2日だけ働いて 農業で1000万円稼ぐ法

  • 作者: 堀口 博行
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/09/20
  • メディア: 単行本



「生協の宅配パルシステム」

安全安心の生協が、インターネットでますます便利・快適に!

今なら生協に加入の後、注文用の認証IDを取得するとお得な特典が

あります!

お申し込みはココから

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 07:44 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。