『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

畜産・酪農


畜産・酪農
食品の安全機能に帰ろう日本の食

ウシ、ウマ、ブタ、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、ニワトリ、アヒルなどの家畜を食用、衣類用、作業用として飼養することです。
畜産の種類としては、乳牛飼養は牛乳や乳製品を作るもので、酪農といいます。

モー革命―山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる

モー革命―山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる

  • 作者: 古庄 弘枝
  • 出版社/メーカー: 教育史料出版会
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本



豚肉生産のためのブタ飼養は養豚といいます。
飼育されたブタはほとんどが食用の豚肉として売られます。
ニワトリの卵を得るため、また鶏肉生産のためのニワトリ飼養は養鶏といいます。
牛肉生産のためのウシ飼養は肉用牛飼養といいます。
この牛肉として売る農家のことを肥育農家といいます。
また母牛を飼育して交配させその子牛を売る農家のことを繁殖農家といいます。
畜産はその育て方により放牧、遊牧、舎飼いに分けられます。
放牧は、広い草のある大地に家畜を放ち飼料や自然の草を自由に食べさせるものです。
遊牧は、一年中おいしい草を求めて、草のある場所を転々と移動して食べさせるものです。
舎飼いは、畜舎の中で飼料を与えて管理して育てるものです。
家畜の飼養では、土地や気候の影響は作物栽培よりは少ないです。
牧場などで多くのウシを育てる場合は、放牧させて管理しなければならずさらには飼料も栽培しなければなりません。
またウシそれぞれの個体差が大きいため、精神的にも配慮して育てなければなりません。
ですから酪農や肉用牛の経営は家族経営のところが多いです。
それに比べて養豚や養鶏は、配合飼料を与えるだけの単純作業なので、家族経営ではなく大規模経営しているところが多いです。
いづにれしても動物の命を預かり育てる仕事です。最新の注意が必要な仕事です。


posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。