『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

農業法人

日本の農業の現状
農業法人
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

業法人とは、法人形態によって農業を経営する法人のことです。
農業法人には、農事組合法人と会社法人があります。
さらに農業法人は農地権利取得の有無により、一般農業法人か農業生産法人と区別されます。

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

  • 作者: 神山 安雄
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



産地直送 新鮮野菜・果物




農業生産法人は、農業を行うために農地を取得できる法人のことです。
農業者などが中心となって組織で農業を行うのです。
法人の主な事業は当然のことながら、農業か農業関連の事業でなくてはなりません。
農業者で構成されて、役員の過半数は農業に常時従事する人でなければなりません。
具体的には60日以上農作業を行う人です。
農業生産法人には、株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、農事組合法人があります。
法人化する場合は、これらの中から自分が目指す形のものを選ぶ必要があります。
養鶏、養豚、ハウス栽培など農地を使用しない場合は、上記の条件を満たす必要はありません。

法人になるメリットは、事業として記帳義務などが発生するため具体的に家計と切り離して経営を考えることができます。
経営を正確に把握し効率的にすることができます。
また法人になると、銀行などから融資が受けやすくなります。
法人としての信用を得るので、代表者などが変わっても融資状況が変わることは考えにくく安定した資金繰りが期待できます。
融資額も大きくなります。
個人経営よりも法人化したほうが、会社として社員への待遇もきっちりと決めなければなりません。
よって従業員への社会保障や福利面でも充実を図れ、従業員のやる気につながります。
また大型機械導入など、経営規模も拡大しやすくなり、事業の発展の可能性が高くなります。

デメリットとしては、税負担についてです。
経営規模が小さいと税負担が大きくなってしまうことがあります。
利益がなくても税金は払わなければなりません。
法人化するにはある程度の利益を見込めることが必要となります。

法人になる場合は、地域の農業委員会やJAなどに相談してみましょう。



 
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 19:10 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。