『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

有機農業

日本の農業の現状と未来
有機農業
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

有機農業とは、化学肥料や農薬を極力使用せずに作物を自然と調和した状態で作っていこうというものです。
例えば堆肥などの有機質肥料によって土を元気にして、病気や害虫に負けない作物が育つようにしようとするのです。
有機農業で最初に重要なのが苗を育てる土を作ることです。
市販のものは化学肥料が含まれています。
無化学肥料、無農薬の倍土を作ることにより、丈夫で元気な野菜が育つのです。

有機農業ハンドブック―土づくりから食べ方まで

有機農業ハンドブック―土づくりから食べ方まで

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本有機農業研究会
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



【Oisix】自分の子どもに食べさせられる食品だけをお届けします!
雑草については、一般的には除草剤などを使うところにアイガモなどを放ち除草したりします。
また敷き藁や紙などで覆うことで雑草を抑えることができます。
消毒剤の代わりに木炭が使われたりもします。
有機農業の方法にはこれ以外にもいろんな方法があります。
多品種を栽培することにより生物多様性の保全を試みたり、物理的な崩壊から保護する。
家畜を屋外で飼育する。いろんな方法があります。
これらの中から農業者がそれぞれのやり方を選択して個々の有機農法を確立させていくのです。

有機農業は大変手間がかかります。
ですから規模を拡大することは難しいです。さらにコストも通常の農業よりも高くかかります。
ですから有機農産物の価格は高めなのです。
しかし最近では、産地偽装や遺伝子組み換えなど食の安全性に不安を感じる消費者は有機食品への関心を高めています。

有機食品の品質を法律で保証するために、JAS法も改正されました。
また国も有機農業の推進に関する方針を定め、技術開発、普及活動、研修の導入、消費者への情報発信を行うようになりました。
こうして有機農業の推進と条件整備を図っているのです。


posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 06:42 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。