『お取り寄せグルメ・産直品・特産品の専門店 山形・清川屋』
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

アグリビジネス

農産物加工、貯蔵、流通、農業機具、肥料製造などを全て含めた農業関係、食品関係の産業のことです。
農業用施設や装置など大きな農業用資材まで含まれます。
昔の農業の枠にとらわれない拡農業です。
最近では育種、飼料、農機、食品加工、土木事業、新品種開発、衣料などに最先端技術を導入して活性化しようとしています。

また農業法人の規制緩和が進み、商社や食品業界からの農業関連産業への新規参入が多くなりました。
それらの企業がバイオテクノロジーなどを駆使して有機農産物を生産しています。
従来の農業から近年新しい形の農業産業へと移行しつつあります。
しかし思っていた以上には他業種からの参入による市場の活性化は行われませんでした。

地域農業の担い手となる農業者を育成するための、「アグリビジネスセンター」なども創設されています。
こちらでは地域農業と連携して農業生産と加工、流通業などの融合による高付加価値型農業の支援も行っています。

農家の形とは、農協を通して苗メーカー、肥料メーカー、農薬メーカー、農機メーカーなどから資材を集めています。
さらに農家が生産した農作物は、農協が一手に買取り、流通過程はすべて農協任せになるのです。
従来の農家はすべて農協を通さなければ、仕入れも販売もできなかったのです。
しかし現代では、インターネットでの直接消費者への販売を行うなど、農協を通さない取引を行う人が多くなりました。
コスト面において、農産物を作る約8割が流通コストです。
アグリビジネスに参入するのならば、農産物を作るだけではなく、独自で流通経路も確保しておくといいでしょう。


現代の食とアグリビジネス (有斐閣選書)

現代の食とアグリビジネス (有斐閣選書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本



アグリビジネスランキング



産地直送!長野の旬の味をお届け「ありがた屋NAGANO」
 
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 07:46 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業新聞

農業関連の新聞はさまざまなものが発行されています。
どんなものがあるのかみてみましょう。

まずは「日本農業新聞」です。
これは唯一の日刊農業専門誌です。
2008年3月に創刊80周年を迎えます。
食と農の総合メディア情報として農業関係の情報発信をしています。
JAグループと連携して広報誌の作成や消費者向けの広報誌も作成している会社です。


田園立国

田園立国

  • 作者: 日本農業新聞取材班
  • 出版社/メーカー: 創森社
  • 発売日: 2008/09/25
  • メディア: 単行本




次に「農機新聞」です。
創業は昭和8年。(株)新農林社が発行する農業機械に関する専門新聞です。

全国農業新聞」。
農政の動きから、経営・流通関連、農業委員会関連、食育、地域情報など多くの情報を載せています。

農業共済新聞」。
昭和23年に創刊されました。
「農家に学び、農家に返す」を基本方針として編集されている新聞です。
農業の経営と暮らしに役立つ情報を提供しています。
詳細としては、農政解説、暮らし、農業技術、農産物の流通に関してなど多くの情報が掲載されています。

農業協同組合新聞」。
昭和24年に発足された農協協会によって発行されている新聞です。
農協協会関連の人事情報や訃報、催事案内、農協協同組合研究会、農薬関連、アグリビジネスなど掲載されています。

農村ニュース」。
創刊は昭和31年。(株)国際農業者によって発行されています。
農業機器の案内、栽培技術や機械の関係、機械と肥料の関係などを掲載し毎週発行されています。

農経しんぽう」。
農業だけではなく、農業機械、施設、資材に関する行政情報。
さらに生産、販売、技術などアグリスビジネス全般の情報を掲載しています。



「農村票」に媚びる永田町⇒この先の記事を読む
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 09:37 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機農業

日本の農業の現状と未来
有機農業
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

有機農業とは、化学肥料や農薬を極力使用せずに作物を自然と調和した状態で作っていこうというものです。
例えば堆肥などの有機質肥料によって土を元気にして、病気や害虫に負けない作物が育つようにしようとするのです。
有機農業で最初に重要なのが苗を育てる土を作ることです。
市販のものは化学肥料が含まれています。
無化学肥料、無農薬の倍土を作ることにより、丈夫で元気な野菜が育つのです。

有機農業ハンドブック―土づくりから食べ方まで

有機農業ハンドブック―土づくりから食べ方まで

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本有機農業研究会
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



【Oisix】自分の子どもに食べさせられる食品だけをお届けします!
有機農業⇒この先の記事を読む
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 06:42 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業法人

日本の農業の現状
農業法人
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

業法人とは、法人形態によって農業を経営する法人のことです。
農業法人には、農事組合法人と会社法人があります。
さらに農業法人は農地権利取得の有無により、一般農業法人か農業生産法人と区別されます。

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

  • 作者: 神山 安雄
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



産地直送 新鮮野菜・果物



農業法人⇒この先の記事を読む
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 19:10 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畜産・酪農


畜産・酪農
食品の安全機能に帰ろう日本の食

ウシ、ウマ、ブタ、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、ニワトリ、アヒルなどの家畜を食用、衣類用、作業用として飼養することです。
畜産の種類としては、乳牛飼養は牛乳や乳製品を作るもので、酪農といいます。

モー革命―山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる

モー革命―山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる

  • 作者: 古庄 弘枝
  • 出版社/メーカー: 教育史料出版会
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本



畜産・酪農≫この先の記事を読む
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地産地消




農業
地産地消
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

地産地消とは、地域生産地域消化の略称です。
地域で収穫した農産物をその地域で消化するという意味です。
一般的には同じ県内で生産されたものを地産地消としています。

活動としては、一般の人が農産物を購入できるように地場農産物を提供する直売所の設置を行います。
最近の例としては道の駅などに農産物直売所などを多く設置しています。
デパートやスーパーなどで、地場農産物コーナーの設置をして販売もしています。
また近頃では地場農産物を活用した学校給食が提供されるようになりました。
消費者や生産者と試食会などをして意見交換会などをすることも大切な活動です。

地産地消のメリットとしては、身近でとれた新鮮なものをおいしいうちに食べることができることです。
直接生産者から話を聞くこともできるし、顔もみられるので食材への安心感もあります。
逆に生産者からすると、消費者のニーズがわかるため何を作ればいいのかわかります。
それは生産者の労働意欲へもつながります。
業者に出荷するような大量の食材でなくても、少しの数から販売できることもメリットです。
また輸送コストがかからず、さらにCO2排出もしないため環境にもやさしいです。
流通過程が短いため、産地偽装がされにくいことです。

地産地消のデメリットとしては、地元で生産できるものには限りがあるということです。
地域の気候によって栽培できるものとできないものがあるからです。
安定供給を続けることができるのかも問題のひとつであると思います。
また売れ残りをどう処分するのか、品質の管理は誰がチェックしていくのか。
など管理上の問題点もあります。

しかしながら、地産地消が地域の連帯感を強め、地場産業の活性化につながることは間違いありません。

週2日だけ働いて 農業で1000万円稼ぐ法

週2日だけ働いて 農業で1000万円稼ぐ法

  • 作者: 堀口 博行
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/09/20
  • メディア: 単行本



「生協の宅配パルシステム」

安全安心の生協が、インターネットでますます便利・快適に!

今なら生協に加入の後、注文用の認証IDを取得するとお得な特典が

あります!

お申し込みはココから

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 07:44 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業「大豆」

長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

農業「大豆」
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

大豆.jpeg 大豆は日本の食生活になくてはならない食材です。
豆腐、味噌、醤油、納豆、煮豆など古くから親しまれてきました。
国内産大豆を守ろうと、国は「大豆交付金」として助成金をも出しています。
助成金は良品質大豆の生産拡大を目的として、事前に定められた銘柄共通の一定単価による助成となっています。

大豆の国内自給率は、食品用に限れば22%です。
その他の主な輸入先は、アメリカ、ブラジル、カナダ、中国です。
豆腐用として使われるのは、主にアメリカの大豆です。
大豆はたんぱく質、炭水化物、脂質、水分、ビタミン等を多く含みます。
国産大豆と外国産大豆の成分の違いは、国産大豆はたんぱく質が多いです。
外国産大豆は脂質の含有量が多いことです。
国産大豆の主要品種は、フクユタカ、エンレイ、タチナガハ、リュウホウ、スズユタカなどです。
これらの品種は豆腐や煮豆用として利用されるものです。
日本国内での大豆生産県は、北海道、宮城、秋田、福岡、佐賀、栃木、茨城などです。
大豆の生産は全国27道県に渡って行われています。
大豆生産に積極的に力を入れているところほど、農家の生産意欲があり技術もあるので単収を多く得られます。
しかしながら大豆の単収は低く、豊作と凶作の変動が激しいことから安定した収入を得ることは難しいです。
また大豆生産は機械化が進んでいないため、かなりの重労働です。
そのため政府は生産者の労働意欲が高まるように、交付金制度を導入しているのです。
そしてこれからの大豆の安定供給のために、生産者の育成、機械化による生産性の向上、品質向上などを目指しています。

大豆は世界を救う―最新研究で実証! 健康・長寿・パワーの鍵は大豆にあった

大豆は世界を救う―最新研究で実証! 健康・長寿・パワーの鍵は大豆にあった

  • 作者: 家森 幸男
  • 出版社/メーカー: 法研
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 単行本





posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 10:17 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業委員会

産地直送 新鮮野菜・果物


農業委員会
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

あなたにもできる 農業・起業のしくみ

  • 作者: 神山 安雄
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


農業委員会≫この先の記事を読む
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 05:52 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業「小麦」

パン、お菓子材料と世界のこだわり食品の店【プロフーズ】


農業「小麦」
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

農作物でお米の次に挙げられるのは、小麦だと思います。
小麦は世界でもっとも生産量の多い穀物です。
日本でもかなりの需要があります。
しかしながら、その昔日本政府が米作りを推奨して補助金などを手厚くしていました。
その関係もあり小麦作りは日本では盛んではありません。
日本でよく利用されるパンやスパゲティに使用される小麦は日本で作るには気候が適していないということもあります。
そのため現在日本の小麦はほぼ輸入に頼っています。
小麦は日本国内で唯一、価格統制があるものです。
価格統制とは政府が上限価格、下限価格を設定するものです。
日本のおもな小麦の輸入国先はアメリカ、カナダ、オーストラリアです。
海外から小麦を輸入して、日本国内の工場で小麦粉を作っているのです。
小麦粉はパンやうどん、中華麺、菓子、スパゲティなどの原料となります。

「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活

小麦の輸入には、輸入関税と納付金がかかります。
これは日本の生産農家を保護するためです。
輸入価格は天候などの影響による収穫量に左右されます。
ここ数年、小麦は不作でそのため価格が高騰し、小麦粉を使用して作られるパンや焼きそばなども価格上昇しています。
これらの要因は、収穫量だけではなく、世界的に小麦の需要が多くなっていること。
原油価格の高騰や2007年から日本政府の小麦売渡価格が値上げされていることも要因にあげられます。
日本の国産小麦は現在11%です。
自給率をUPして輸入に頼らなくても自立できる国になりたいものです。

パンと麺と日本人―小麦からの贈りもの

パンと麺と日本人―小麦からの贈りもの

  • 作者: 大塚 滋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本





posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 08:28 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業「米」

生協の宅配パルシステム


農業「米」

MIXA IMAGE LIBRARY Vol.215 お米とご飯

農業による生産物としてまず挙げられるのが「お米」です。
お米はどのようにして出来るのでしょうか。
お米作りは春から秋にかけて、田おこし・種洗い・種まき・田植え・稲刈りの順に作業が行われます。
田おこしとは、冬から春にかけて3回くらい田を起こすことです。
寒さで固まった土を耕し、お米作りにいい土台を作ります。
今はトラクターで行いますが、昔は人や馬、牛を使って行われていました。
種洗いは、3月?4月にかけて種もみを選び、4月中旬くらいから種を洗い種、もみをまきます。
苗を育てる田んぼのことを苗代と呼びます。
昔はこの苗代に種をまき、苗を育てていました。
今は温かいビニールハウスの中で種まきをして苗を育てます。

4月〜5月温かくなったらいよいよ田植えです。
種まき後、約1ヶ月で田植えができます。
育てた苗を田んぼに植えます。
今は田植機で植えることができますが、昔は近所総動員で人の手だけで田植えをしていました。

田植え後は、雑草取りや水の管理、肥料やり、害虫や台風などから稲を守るなど多くの仕事があります。
雑草は、昔は人の手ひとつひとつ取られていました。
その後一時期は農薬なども使用されていました。
しかし今では、農薬を使わずにできる「アイガモ農法」が注目されています。
アイガモを田んぼの水で飼うと田んぼの土をかきまわし、雑草や虫を食べてくれるのです。
okome.jpg
10月頃実った稲をいよいよ刈る時期です。
天気と相談して稲刈りの時期を決めます。
今ではコンバインで稲刈りから脱穀までできます。
昔は、稲刈りは人の手で、鎌でかり脱穀機で脱穀していました。

収穫後、稲はすぐに乾燥機にかけます。
乾燥後、籾取りをして玄米の状態で袋に入れて保存します。
今では乾燥、籾取り、袋詰めまで全て機械がします。
当然昔は全て人の手で行われていました。

このようにして、おいしいお米ができるのです。



posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 20:32 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農地管理

農業
農地管理
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

親から農地を相続したけれど、農業をする気にはなれない。相続した農地をどうしたらいいのか。
現代の離農問題、担い手の高齢化から、耕作放棄地などの遊休農地が増加しています。これらの使わなくなった農地の管理問題は深刻です。

農地は手を加えずに放って置くと荒地になってしまいます。雑木や雑草が生い茂り、土砂が堆積され害虫も発生します。
また産業廃棄物の不法投棄が行われたりと多くの問題が発生するのです。
食料自給率UPのためにも、優良農地の有効活用、遊休農地の減少化は日本の農業における重点課題です。
遊休農地を放置しておくと、法的指導を受けます。
まずは農業委員会から農業用地として有効利用するように指導されますそれでも聞かなければ市町村長から通知がきます。市町村長の通知に従わないと30万円以下の罰金に処せられます。
それでもだめな場合は、市町村によって買い入れ協議が行われます。

農地を放棄することなく、有効的に利用してもらえるように他の利用者、農業の担い手を探す。
あるいは、市民農園として他人に貸出するなど管理方法を考えてみましょう。
農地を売買する場合は、農地法に基づき法律上の申請が必要となります。
申請しないで売買すると、正式には売買不成立となってしまいます。
農地を遺産相続として相続する場合は農地法上の売買契約とは異なりますので、農地法上の許可はいりません。
売買に関してあるいは利用者を探したい場合は、農業委員会に相談するといいでしょう。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 06:02 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業とは

食品の安全 帰農に帰ろう日本の食
農業とは

農業とは、農地として土地を持ち、作物や植物を栽培し収穫そして出荷することです。
また家畜を育て乳製品や皮や肉を得て食料などを生産する産業です。
人が生きていくうえで必要な食を生産する、人の根本の衣食住に密接に関係する産業なのです。
農業を営む人を農民、その家を農家と呼びます。
農作物を栽培する場合、日照、雨、気温など自然環境に左右されるため不安定な面があります。
そのため収入もそのつどそのときの天候によって変わるため、不安定です。
長年の知識と経験が必要な仕事なのです。
また需要と供給の兼ね合いがあり、あまりに多く作りすぎても価格が安くなってしまいます。逆にものが少なすぎても売れ行きが悪くなってしまい売り上げが悪くなってしまうこともあります。
市場価格の変動もあいまって、安定した収入というのはなかなか難しいものがあります。
また家畜を飼育する畜産では、市場価格の変動に加え、家畜の餌の高騰など負担が増えています。その上、朝早くから一日中世話をするため大変重労働です。
日本で多くみられるコメの生産についても、昔ほどコメの需要がありません。若者の米離れでコメの需要が減ってしまい、離農が増えています。
現代の日本の農業が抱える問題として、農業者の高齢化問題が深刻です。若者が農業をつがずに、田舎から都心へ出て行ってしまうので後継者がいないのです。
いまや自給率が低くなる一方で、安い輸入加工品に頼る日本の食卓事情。
自給自足で自立できる国づくりが望まれます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外旅行の長期の保険春旅行 海外旅行前と後の注意春旅行 海外旅行の感染症予防

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 05:29 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業 【農業の現状と未来農業】

食品の安全 帰農に帰ろう日本の食 農業
日本の農業 【未来をつなぐ日本の農業】

日本の農業 農業とは
日本の農業 農地管理
日本の農業
日本の農業 小麦
日本の農業 農業委員会
日本の農業 大豆
日本の農業 地産地消
日本の農業 畜産
日本の農業 農業法人
日本の農業 有機農業
日本の農業 農業新聞
日本の農業 アグリビジネス
日本の農業 農家の問題点
日本の農業 農業所得申告
日本の農業 全農について
日本の農業 米粉
日本の農業 有機JASマーク
日本の農業 農業をはじめる
日本の農業 農村振興
日本の農業 畜産動向
日本の農業 エコフィード
日本の農業 市民農園
日本の農業 農産物加工
日本の農業 野菜
日本の農業 農業機械 野菜
日本の農業 家畜伝染病
日本の農業 畜産排せつ物法
日本の農業 農産物検査法
日本の農業 畑作の生産コスト
日本の農業 コスト削減

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 05:21 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。