元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事静岡茶

食品の安全(日本の食) | 日本の農業の現状と未来 

畜産・酪農


畜産・酪農
食品の安全機能に帰ろう日本の食

ウシ、ウマ、ブタ、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、ニワトリ、アヒルなどの家畜を食用、衣類用、作業用として飼養することです。
畜産の種類としては、乳牛飼養は牛乳や乳製品を作るもので、酪農といいます。

モー革命―山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる

モー革命―山地酪農で「無農薬牛乳」をつくる

  • 作者: 古庄 弘枝
  • 出版社/メーカー: 教育史料出版会
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本



畜産・酪農≫この先の記事を読む
posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地産地消




農業
地産地消
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

地産地消とは、地域生産地域消化の略称です。
地域で収穫した農産物をその地域で消化するという意味です。
一般的には同じ県内で生産されたものを地産地消としています。

活動としては、一般の人が農産物を購入できるように地場農産物を提供する直売所の設置を行います。
最近の例としては道の駅などに農産物直売所などを多く設置しています。
デパートやスーパーなどで、地場農産物コーナーの設置をして販売もしています。
また近頃では地場農産物を活用した学校給食が提供されるようになりました。
消費者や生産者と試食会などをして意見交換会などをすることも大切な活動です。

地産地消のメリットとしては、身近でとれた新鮮なものをおいしいうちに食べることができることです。
直接生産者から話を聞くこともできるし、顔もみられるので食材への安心感もあります。
逆に生産者からすると、消費者のニーズがわかるため何を作ればいいのかわかります。
それは生産者の労働意欲へもつながります。
業者に出荷するような大量の食材でなくても、少しの数から販売できることもメリットです。
また輸送コストがかからず、さらにCO2排出もしないため環境にもやさしいです。
流通過程が短いため、産地偽装がされにくいことです。

地産地消のデメリットとしては、地元で生産できるものには限りがあるということです。
地域の気候によって栽培できるものとできないものがあるからです。
安定供給を続けることができるのかも問題のひとつであると思います。
また売れ残りをどう処分するのか、品質の管理は誰がチェックしていくのか。
など管理上の問題点もあります。

しかしながら、地産地消が地域の連帯感を強め、地場産業の活性化につながることは間違いありません。

週2日だけ働いて 農業で1000万円稼ぐ法

週2日だけ働いて 農業で1000万円稼ぐ法

  • 作者: 堀口 博行
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/09/20
  • メディア: 単行本



「生協の宅配パルシステム」

安全安心の生協が、インターネットでますます便利・快適に!

今なら生協に加入の後、注文用の認証IDを取得するとお得な特典が

あります!

お申し込みはココから

posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 07:44 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業「大豆」

長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」

農業「大豆」
食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食

大豆.jpeg 大豆は日本の食生活になくてはならない食材です。
豆腐、味噌、醤油、納豆、煮豆など古くから親しまれてきました。
国内産大豆を守ろうと、国は「大豆交付金」として助成金をも出しています。
助成金は良品質大豆の生産拡大を目的として、事前に定められた銘柄共通の一定単価による助成となっています。

大豆の国内自給率は、食品用に限れば22%です。
その他の主な輸入先は、アメリカ、ブラジル、カナダ、中国です。
豆腐用として使われるのは、主にアメリカの大豆です。
大豆はたんぱく質、炭水化物、脂質、水分、ビタミン等を多く含みます。
国産大豆と外国産大豆の成分の違いは、国産大豆はたんぱく質が多いです。
外国産大豆は脂質の含有量が多いことです。
国産大豆の主要品種は、フクユタカ、エンレイ、タチナガハ、リュウホウ、スズユタカなどです。
これらの品種は豆腐や煮豆用として利用されるものです。
日本国内での大豆生産県は、北海道、宮城、秋田、福岡、佐賀、栃木、茨城などです。
大豆の生産は全国27道県に渡って行われています。
大豆生産に積極的に力を入れているところほど、農家の生産意欲があり技術もあるので単収を多く得られます。
しかしながら大豆の単収は低く、豊作と凶作の変動が激しいことから安定した収入を得ることは難しいです。
また大豆生産は機械化が進んでいないため、かなりの重労働です。
そのため政府は生産者の労働意欲が高まるように、交付金制度を導入しているのです。
そしてこれからの大豆の安定供給のために、生産者の育成、機械化による生産性の向上、品質向上などを目指しています。

大豆は世界を救う―最新研究で実証! 健康・長寿・パワーの鍵は大豆にあった

大豆は世界を救う―最新研究で実証! 健康・長寿・パワーの鍵は大豆にあった

  • 作者: 家森 幸男
  • 出版社/メーカー: 法研
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 単行本





posted by 食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食 記録の細道 at 10:17 | Comment(0) | 農業 現状と未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。